1.0.1 / November 4, 2012
(3.2/5) (35)
Loading...

Description

■1.持ち物リストとは 持ち物リストとは、仕事やプライベートなど様々なシーンで役立つ、お出かけ時の持ち物をチェックするリストです。 チェックするアイテムはユーザが自由に登録・編集することができ、様々なシーン毎に別々のリストを作成して管理することができます。■2.リスト構造 持ち物リストは3階層のデータベース構造になっています。 [リスト]  ├[グループ]   ├[アイテム] 持ち物をチェックするシーン毎にリストを作成し、リスト毎に複数のグループが登録可能で、各グループの中にチェック対象となるアイテムを登録します。■3.アイテム登録(1)リストの登録 起動時の画面でメニューボタンを押し、[リスト追加]を選択します。リスト名の入力とアイコンの選択を行い[保存]を実行します。(2)グループの選択 作成したリストの[Check]ボタンを押すと[アイテム一覧]の画面に切り替わります。[アイテム追加]のボタンを押すと、登録するアイテムのグループを選択する画面が表示されます。デフォルトでは[標準アイテム]のグループのみが選択可能ですが、[新規グループ登録]により新たなグループを作成することもできます。(3)アイテムの登録 グループの選択後、アイテム名を入力し登録が完了します。 上記(2)(3)を繰り返すことで複数のアイテムを登録することが可能です■4.チェックの実行 [アイテム一覧]画面における各アイテムの右側のボタンでチェックします。ボタンを押すたびに未→済、済→未を入れ替えることができます。 アイテム名の長押しでメニューから[チェック対象外]とすることもできます。 チェック進捗の状態は[アイテム一覧]画面上部に表示されるほか、起動時の画面でも、各リストのチェック進捗を確認することができます。■5.設定(1)チェック 各リストに登録されたアイテムが全てチェックされた場合、チェック完了のダイアログを表示させるかどうか設定できます。(2)表示 表示する文字の大きさを、「大きい・普通・小さい」から選択できます。(3)データ入出力 登録したアイテムをCSVファイルに出力したり、外部で作成したCSVファイルからデータを取り込むことが可能です。(4)消去 登録したデータの消去の他、登録したデータを保持したまま設定値のみを初期化することも可能です。■6.注意事項 本ソフトウェアの使用に起因して利用者が被った損害について、本ソフトウェアの提供者は一切責任を負わないものとします。 また、本アプリケーションの利用には、登録データのインポート・エクスポートのために「ストレージ(SDカードのコンテンツを修正/削除する)」の許可が必要です。※「ネットワーク通信(完全なインターネットアクセス)」の許可は必要ありませんので、意図しない通信が発生するリスクはありません。

App Information 持ち物リスト

  • App Name
    持ち物リスト
  • Package Name
    jp.gr.java_conf.gorogoro.baggage_list
  • Updated
    November 4, 2012
  • File Size
    108k
  • Requires Android
    Android 2.2 and up
  • Version
    1.0.1
  • Developer
    gorogoro
  • Installs
    10,000+
  • Price
    Free
  • Category
    Tools
  • Developer
  • Google Play Link

gorogoro Show More...

旅費メモ 1.0.8 APK
gorogoro
■旅費メモとは 旅費メモとは、仕事等で立て替えた電車代やバス代などの旅費・交通費を素早くメモし一括管理することができます。管理したデータはあとから「テキスト形式」や「CSV形式」でメール送信することができ、旅費の精算を効率化するとともにもミスや漏れを等少なくすることができます。■旅費の登録 起動後の画面で「新たな旅費の登録」を選択し、以下の項目を入力します。・日付・出発駅・到着駅・経路 ※設定により任意に変更可・目的 ※設定により任意に変更可・旅費 過去に登録した履歴から入力値を選択することが可能です。また出発駅と到着駅を入力後に「運賃検索」を押すとブラウザを起動し各種サイトで路線検索することができます。(サイトはgoo、Yahoo、Googleに対応し設定で利用するサイトを変更できます)■確認・編集 起動後の画面で「登録データリスト」を選択すると、登録されたデータがリスト表示されます。申請状態(全て/未申請/申請済)と対象期間(全て/90日/30日)でフィルタすることも可能です。また、リストのレコードをロングタップ(長押し)すると、以下の処理を選択することができます。・申請済に変更/未申請に変更・編集・コピー・復路を生成・削除■メール送信 起動後の画面で「申請データのメール送信」を選択します。送信する形式(メール本文のみ/CSV添付のみ/両方)を選択し、以下のフィルタ条件を設定します。・申請状態(全て/未申請/申請済)・対象期間(全て/90日/30日) デフォルトで送信したレコードの申請状態は「申請済」に変更されますが、チェックをはずすことでキャンセルすることができます。■路線検索 旅費データの管理とは独立して、路線検索が利用できます。必要項目を入力し路線検索のサイトをブラウザで起動することができます。対応するサイトは以下のとおりです。・goo路線検索・Yahoo!ロコ・Google乗換案内※各サイトの仕様変更により利用できなくなる可能性があります。■注意事項・本ソフトウェアの使用に起因して利用者が被った損害について、本ソフトウェアの提供者は一切責任を負わないものとします。・「goo」はNTTレゾナントの商標または登録商標です。・「Yahoo!」は米国Yahoo!Inc.の商標または登録商標です。・「Google」はGoogleIncの商標または登録商標です。■必要なアクセス許可本アプリケーションは「ネットワーク通信」の許可を必要としませんので、意図しない通信や不正な通信など、ネットワーク通信に関するセキュリティ上のリスクは無く、安心してご利用いただけます。
持ち物リスト 1.0.1 APK
gorogoro
■1.持ち物リストとは 持ち物リストとは、仕事やプライベートなど様々なシーンで役立つ、お出かけ時の持ち物をチェックするリストです。 チェックするアイテムはユーザが自由に登録・編集することができ、様々なシーン毎に別々のリストを作成して管理することができます。■2.リスト構造 持ち物リストは3階層のデータベース構造になっています。 [リスト]  ├[グループ]   ├[アイテム] 持ち物をチェックするシーン毎にリストを作成し、リスト毎に複数のグループが登録可能で、各グループの中にチェック対象となるアイテムを登録します。■3.アイテム登録(1)リストの登録 起動時の画面でメニューボタンを押し、[リスト追加]を選択します。リスト名の入力とアイコンの選択を行い[保存]を実行します。(2)グループの選択 作成したリストの[Check]ボタンを押すと[アイテム一覧]の画面に切り替わります。[アイテム追加]のボタンを押すと、登録するアイテムのグループを選択する画面が表示されます。デフォルトでは[標準アイテム]のグループのみが選択可能ですが、[新規グループ登録]により新たなグループを作成することもできます。(3)アイテムの登録 グループの選択後、アイテム名を入力し登録が完了します。 上記(2)(3)を繰り返すことで複数のアイテムを登録することが可能です■4.チェックの実行 [アイテム一覧]画面における各アイテムの右側のボタンでチェックします。ボタンを押すたびに未→済、済→未を入れ替えることができます。 アイテム名の長押しでメニューから[チェック対象外]とすることもできます。 チェック進捗の状態は[アイテム一覧]画面上部に表示されるほか、起動時の画面でも、各リストのチェック進捗を確認することができます。■5.設定(1)チェック 各リストに登録されたアイテムが全てチェックされた場合、チェック完了のダイアログを表示させるかどうか設定できます。(2)表示 表示する文字の大きさを、「大きい・普通・小さい」から選択できます。(3)データ入出力 登録したアイテムをCSVファイルに出力したり、外部で作成したCSVファイルからデータを取り込むことが可能です。(4)消去 登録したデータの消去の他、登録したデータを保持したまま設定値のみを初期化することも可能です。■6.注意事項 本ソフトウェアの使用に起因して利用者が被った損害について、本ソフトウェアの提供者は一切責任を負わないものとします。 また、本アプリケーションの利用には、登録データのインポート・エクスポートのために「ストレージ(SDカードのコンテンツを修正/削除する)」の許可が必要です。※「ネットワーク通信(完全なインターネットアクセス)」の許可は必要ありませんので、意図しない通信が発生するリスクはありません。
口座管理 1.2.1 APK
gorogoro
■1.口座管理とはこのアプリケーションは、銀行口座の残高を記録することにより、複数の銀行口座の残高合計や残額履歴を管理することができます。各銀行口座毎にURLを登録することが可能で、簡単な操作で銀行のサイトにアクセスし残高確認をサポートします。■2.基本的な使い方(1)新規口座の登録残高タブでメニューから「新規口座」を選択します。口座名の他に、URL・アイコン・メモ等を登録可能です。URLは口座名から検索可能で、URLを取得するとサイトからアイコンを取得することができます。(サイトによってはアイコンが取得できない場合もあります)(2)残高編集登録した口座をロングタップし「残高編集」を選択すると、現在の残高が表示され、変更後の残高を入力することができます。(3)残高履歴登録した口座をロングタップし「残高履歴」を選択すると履歴タブに移動し、選択した口座の残高履歴が閲覧できます。また、履歴タブでは履歴を表示する口座や表示件数を選択可能です。(4)サイトを開く登録した口座をロングタップし「サイトを開く」を選択すると、登録されたURLをブラウザで開きます。ネットバンキング等の残高確認にご活用ください。残高は自動的にコピーされませんので、手動で本アプリケーションに入力してください。■3.データ入出力(1)エクスポート各画面のメニューから「設定」を選択し「データ入出力」から「エクスポート」を実行すると口座残高履歴データをCSVファイルに出力できます。出力したCSVファイルは「メールに添付して送信」もしくは「SDカードに保存」が選択できます。必要に応じて出力ファイル名の変更や文字コード・改行コードの選択が可能です。(2)インポート各画面のメニューから「設定」を選択し「データ入出力」から「エクスポート」を実行すると口座残高履歴データをCSVファイルでインポートすることができます。本アプリケーションでエクスポートしたデータをインポートできることはもちろん、PC等で編集したデータもフォーマットが適切であれば取り込むことができます。(3)端末移行端末を変更する場合、旧端末で上記(1)エクスポートを行い、新端末で(2)インポートすることによりデータを引き継ぐことができます。■4.設定(1)起動本アプリケーションの起動時にパスワードによるロックを設定することができます。パスワードを失念した場合、リカバリーする手段は有りませんので、ロックを利用する場合は設定したパスワードを失念しないようにご注意ください。(2)表示本アプリケーションで表示する日時の形式を選択できます。(3)データ入出力エクスポート・インポートの設定や実行が可能です。(4)消去設定初期化(登録データは保持)、登録データ消去(設定は保持)、全消去(設定と登録データを消去)を選択可能です。■5.注意事項セキュリティの観点から口座番号や銀行サイトのログインID・パスワードなどを本アプリケーションに保存することは絶対に避けてください。本ソフトウェアの使用に起因して利用者が被った損害について、本ソフトウェアの提供者は一切責任を負わないものとし■1. Account management and isThis application is, by recording thebalance of the bank account, you can manage the total outstandingbalance and history of multiple bank accounts. Each bank ispossible to register a URL for each account, to support access tothe bank of the site balance confirmation by a simple operation.■2. Basic Usage(1) Registration of new accountSelect the "NewAccount" from the menu in the balance tab. In addition to theaccount name, you can register the URL · icon notes, etc.. The URLcan be retrieved from the account name, you can get an icon fromthe site and to get the URL. (There is also the case that the iconcan not be acquired by the site)(2) the balance editWhen the Longtap the registered account to select the "balance edit", to displaythe current balance, you can enter the balance after the change.(3)balance of historyMove the registered account Long tap in thehistory tab When you select the "balance of history", you can viewthe balance history of the selected account. In addition, in thehistory tab you can select an account and display number to viewthe history.Open (4) siteIf the registered account Long tap toselect the "Open Site", to open the registered URL in your browser.Please use the balance confirmation, such as Internet banking.Since the balance is not automatically copy, please manuallyentered into this application.■ 3. Data input and output(1)exportIf you select the "Settings" from the menu of each screenfrom the "data input and output" to run the "export" You can outputthe account balance history data to a CSV file. Output CSV file is"send an e-mail with an attached" or "save to SD card" can beselected. You can change and selection of the character code,newline code of the output file name if necessary.(2) importWhenyou run the "exported" from Select "Settings" from the menu of eachscreen "data input and output," the account balance history datacan be imported in the CSV file. Of course, to be able to importthe exported data in this application, you can take in as long aseven the format is appropriate data that has been edited in the PCor the like.(3) terminal transitionIf you want to change theterminal, perform the above (1) exported in the old terminal, thenew terminal (2) can take over the data by importing.■ 4.Settings(1) start-upYou can set the lock by the password at thestart of this application. If you forget the password, becausethere is no means to recover, please be careful not to forget thepassword you set if you want to use the lock.(2) DisplayYou canselect the format of the date and time to be displayed in thisapplication.(3) data input and outputYou can export import settingand execution.(4) eraseSetting initialization (registration data isretained), registration data erasure (setting the holding), you canselect all erased (erase the configuration and registration data).■5. NotesPlease avoid absolutely be saved from the point of view ofsecurity, such as the account number and the bank site login ID ·password of the present application. For damages that the user hassuffered due to the use of this software, the provider of thesoftware does not assume any responsibility
Loading...