2.0 / May 20, 2013
(4.7/5) ()
Loading...

Description

【布の章】には天正三年~八年の出来事が満載。

長男の信忠に社長の座を譲り渡し、株式会社「織田家」の会長に就任した、織田信長。m●xiの「信長包囲網コミュ」の出現で、敵の数が増えていく……が、相変わらずのマイペースを貫き通している
数々の爆笑エピソードに、今すぐコメントを付けて盛り上がろう!

天下統一のためのアイデアも募集しているぞwww
(by 信長)

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

「日本中を眼下に見られる高層建築」を目指す新しい城は、
安土に建設中!にも関わらず、住み始めてしまう信長。

数々の裏切りに気付き、1人スナックでグラスを傾けたかと思えば
上杉景勝と景虎の争いを角界の某兄弟になぞらえて茶化すなど、
どこまでもそのユーモアセンスを忘れない所はさすが。

昨日の味方は、今日の敵(?)とばかりに、同盟関係の解消を
コメント欄に残していくもの、自分の名前が書かれると敵対関係
にもかかわらずコメントを残すもの、誰もが信長の武ログを
敵情視察の場として使っているようだが、株式会社「織田家」の
営業戦略は大丈夫なのか!?

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

信長が今の日本を切って、切って、切りまくる!!!
現在進行中のブログも見逃せない!
※更新頻度は相変わらずの気まぐれです。
http://ameblo.jp/odabrog/

気が向いた時はTwitterもやっているぞwww(by 信長)
http://twitter.com/oda_kazusa_nobu


*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

書籍版『織田信長の天下布武日記 (武ログ壱) 』
――Amazonカスタマーレビュー(抜粋)――

【レビュー1】
期待以上に面白かった。人前で読むと笑ってしまいそうなので、
家で一人で読んだが、やはりかなり笑った。史実に沿った話題あり、
現代の映画やゲームのネタあり。そしてコメントが秀逸。戦の最中に
コメントする信長の部下たち。なぜか敵方までコメントしてくる
始末(笑)。当時の歴史をよく知っていると、最高に笑える1冊。

【レビュー2】
戦国鍋お好きな方にはオススメですぅ。

内容は…織田信長がブログ書いたら、こんなんじゃね?
という想定の架空ものなんだけど、
内容は史実に基づいて書かれててます。

また、信長のブログに、家臣たちがコメントつけてるんですが
それも『あー、確かにコノ人なら言いそうだわー!!!』
って内容で、かなり笑いました。
ブログのはしっこに出てる、オススメ商品なども
(よくリンク貼ってあるやつね)あって、
芸が細かいです。

【レビュー3】
家臣やら他の武将やらがいちいちコメントをしているのがとにかく
おもしろい。戦国時代が好きでなおかつ詳しい!
という方は充分楽しめると思いますよ!そこかしこにちりばめられた
ネタににやにやさせられます(笑)

武将達のコメントも、信長のブログの内容も、すっごく楽しくておすすめです!

ちなみに、この本の中では信長は「軍」ではなく「会社」を
経営していることになっていて、織田軍も「織田家」という名前の
会社であり、信長は「社長」で武将達も「社員」ということになって
います。なのでこの本は、『戦国時代にもし武将たちがブログを
つけてたら』という設定ではなく、『現代にもし戦国武将たちが
いて、ブログをつけてたら』という内容の本だと言えます。

【レビュー4】
いや、有りだと思います。

信長がもしブログを書いていたら、
こんなになっていたでしょう。

もしくは、
一行日記。

いや、でも、
幅広く興味を持つところなど、
まさにオタクらしい。

ちょい前アイドル小ネタとか、
普通に感心しながら読めますよ。
華原朋美の改名遍歴とか……遠峰ありさくらいしかしらなかった
ので、本気でへぇ~ってなりました。うん。

よかったです。

【レビュー5】
一言で言ってしまえば、面白いが読み手を選ぶ本だと思う。
自分なりの信長像があって、それを壊されたくない人は読まない
方がいいかも知れない。

と書きはしたが、本当に面白い。
ブロガーにありがちな行動(最初のころはやたらブログ更新したり
飽きたら長時間放置したり、コメントにこだわったりなど)の
把握や、もちろん信長自身の人物の把握、そしてなにより文章が
うまくなくては書けない内容である。

内容も、ちょっと舞い上がってるブロガー信長という感じで、
やや悪ノリの感はあるがそれが苦痛でなければ楽しめる。
写真やブログ広告などもきちんと考えられている。
思わぬところで声を出して笑ってしまう可能性もあるので、
人前で読むときには注意されたし。
武ログ炎上や「天正ワイド劇場」には吹き出してしまった。

App Information 武ログ:織田信長の天下布武日記【布の章】

  • App Name
    武ログ:織田信長の天下布武日記【布の章】
  • Package Name
    jp.fairway.BuLOG3
  • Updated
    May 20, 2013
  • File Size
    4.6M
  • Requires Android
    Android 1.6 and up
  • Version
    2.0
  • Developer
    Discus Co., Ltd.
  • Installs
    50 - 100
  • Price
    $4.49
  • Category
    Books & Reference
  • Developer
    Visit website Email info@discus.jp
    東京都新宿区西早稲田3-19-1 いせかねビル 4F
  • Google Play Link

Discus Co., Ltd. Show More...

一〇八恋星☆水滸伝【歴史恋愛乙女シミュレーションゲーム】 1.5.2 APK
大ヒット中の恋愛乙女シミュレーションゲーム『一〇八恋星☆水滸伝』が遂にアプリで登場!星に導かれてあなたがやってきたのは、水滸伝の世界だった!?魅力的な男性たちが次々とあなたの前に現れて……水滸伝に登場する好漢(イケメン)たちとの恋は波乱の運命をたどる。果たして、あなたの恋の行方は?【恋愛ゲームシステム~遊び方】この恋愛ゲームのシナリオを進めるのに必要な“シナリオチケット”は毎日付与されます☆チケットを使い、毎日少しずつ恋愛ストーリーを進めていこう!彼との好感度次第で、物語のエンディングが変わるよ♪この恋ゲームには、かわいいアバターやイベントシステムも用意されているので、深く追及して楽しむことも可能!今イチオシの、乙女ゲーム『一〇八恋星☆水滸伝』※基本プレイ無料。一部特別なシナリオ、アバターをお楽しみ頂く場合は有料となります。Maiden lovesimulationgame making a big hit "ten Hachikoi Star ☆ Outlaws of theMarsh"appeared in the app at last!You came Led to the stars, it was the world of Suikoden! ?Men ...... charming appeared in front of you one afteranotherLove regular guy that appears in the Water Margin and (Twink)wefollow the fate of ups and downs. Really, fate of love are you?[Love game system - How to play]Necessary "scenario Ticket" is granted every day to advancethescenario of this love game ☆Use the ticket, Let's complete the love story little by littleeveryday!With good sensitivity depending on him, ending of the story is ♪IchangeIn this love game, cute event system and avatar are alsoprovidedwith, also possible to enjoy to pursue deeply!Now jewel, maiden game "ten Hachikoi Star ☆ Water Margin"※ Basic free-to-play. I am charged a fee if you enjoyspecialscenario, the avatar part.
恋愛体質~無料乙女向け恋愛ゲーム~ 1.5.2 APK
恋か仕事か―― 最後にあなたが選んだのは? 粒ぞろいのイケメンたちに撫でられ、抱かれ、キスされて……夢のような甘い恋の物語が楽しめる、Dramatic inventがあなたに贈る乙女ゲーム! 【こんなあなたにオススメ!】◆恋愛系ゲームが大好きな方 ◆乙女ゲーム初心者だけど、ちょっと興味があるという方 ◆基本無料で楽しみたい方◆イケメンとの恋を楽しみたい方 ◆恋愛小説や女性向けコミックが好きな方 ◆スーツ男子や執事男子好きの方ダウンロードは無料、ゲームも基本無料で進められます。 日常生活にちょっと疲れたときに、最近ときめきが足りないなと思ったときに、イケメンの彼とのロマンチックなひと時をお楽しみください。 (※一部に有料コンテンツを含みます) 【恋愛体質 STORY】「本日より、あなたを社長に任命します」 昨日まで、ごくごく普通の会社員だったあなたが いきなりの辞令で社長に!?「可愛い子に頼られるのは、悪くないね」 「安心しろ、オレが守ってやる」イケメンやり手社員たちに、不慣れな社長業をサポートしてもらううち 次第に心惹かれていったあなたは――。 【キャラクター紹介】◆企画部 七久保 瞬(ななくぼ しゅん)◆ 社内の女性人気NO.1を誇る、さわやか好青年。常に寄り添いあなたを励ましてくれる、その裏で……? ◆営業部 高遠原 誠(たかとおはら まこと)◆周りを意のままに操ることに長けた俺様タイプ。 本心をなかなか見せないのには、理由があって――。 ◆研究室 伊那 洋介(いなようすけ)◆ クールで無愛想だけど恋は奥手の理系男子。 真面目なのはいいけれど、研究第一なのが玉に瑕!? ◆相月 翔太(あいづきしょうた)◆ ライバル会社、オラクル・ララー製薬の若き社長。 冷徹な面もあるけれど、気になる女性に対しては――。◆法務部 早瀬成海(はやせ なるみ)◆ 法律のことにかけては右に出る者のいない頭脳派。 可愛らしい容姿で人懐っこい雰囲気だけど……。◆人事部 長篠 直弥(ながしの なおや)◆ 女性たちが放っておかない、いわゆる“たらし”。 社内の人事を動かすのと同時に、副業も……?◆社長室筆頭秘書 桐羽等 祐(きりはら ゆう)◆ 命令されたことは必ずやり遂げる有能な秘書。自分の意見はひた隠しにする、捉えどころのない人物。
武ログ:織田信長の天下布武日記【武の章】 2.0 APK
【武の章】は天正九年~十年の信長の物語。刃向かう敵を成敗し、“伝説の男”と呼ばれる日を夢見る株式会社「織田家」の会長、織田信長。なのに、なぜか「人気!武ログランキング」の栄えある1位に輝いているのは、あの○○○○だったりする。社員は予の武ログにコメント付けて人気No.1にすること!最後の最後まで、ちゃんと金払って読めよwww(by 信長)*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*実質的な仕事は子会社任せで、自分は会社の方針を決めるだけ。残りの時間は、趣味の鷹狩り、乗馬、相撲観戦に費やすだけ。かと思えば、CM出演依頼があったりと、話題には事欠かない信長。そんな中、本能寺を訪れティータイムを楽しんでいた信長だが……。平均寿命の50歳を目前に、長男「信忠」の成長を喜びつつも天下統一と引退に対する信長の心のうちをチラリと覗かせる“武ログ”は、いよいよ最後の見せ場“炎上”へと突き進む!*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*信長が今の日本を切って、切って、切りまくる!!!現在進行中のブログも見逃せない!※更新頻度は相変わらずの気まぐれです。http://ameblo.jp/odabrog/気が向いた時はTwitterもやっているぞwww(by 信長)http://twitter.com/oda_kazusa_nobu*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*書籍版『織田信長の天下布武日記 (武ログ壱) 』――Amazonカスタマーレビュー(抜粋)――【レビュー1】期待以上に面白かった。人前で読むと笑ってしまいそうなので、家で一人で読んだが、やはりかなり笑った。史実に沿った話題あり、現代の映画やゲームのネタあり。そしてコメントが秀逸。戦の最中にコメントする信長の部下たち。なぜか敵方までコメントしてくる始末(笑)。当時の歴史をよく知っていると、最高に笑える1冊。【レビュー2】戦国鍋お好きな方にはオススメですぅ。内容は…織田信長がブログ書いたら、こんなんじゃね?という想定の架空ものなんだけど、内容は史実に基づいて書かれててます。また、信長のブログに、家臣たちがコメントつけてるんですがそれも『あー、確かにコノ人なら言いそうだわー!!!』って内容で、かなり笑いました。ブログのはしっこに出てる、オススメ商品なども(よくリンク貼ってあるやつね)あって、芸が細かいです。【レビュー3】家臣やら他の武将やらがいちいちコメントをしているのがとにかくおもしろい。戦国時代が好きでなおかつ詳しい!という方は充分楽しめると思いますよ!そこかしこにちりばめられたネタににやにやさせられます(笑)武将達のコメントも、信長のブログの内容も、すっごく楽しくておすすめです!ちなみに、この本の中では信長は「軍」ではなく「会社」を経営していることになっていて、織田軍も「織田家」という名前の会社であり、信長は「社長」で武将達も「社員」ということになっています。なのでこの本は、『戦国時代にもし武将たちがブログをつけてたら』という設定ではなく、『現代にもし戦国武将たちがいて、ブログをつけてたら』という内容の本だと言えます。【レビュー4】いや、有りだと思います。信長がもしブログを書いていたら、こんなになっていたでしょう。もしくは、一行日記。いや、でも、幅広く興味を持つところなど、まさにオタクらしい。ちょい前アイドル小ネタとか、普通に感心しながら読めますよ。華原朋美の改名遍歴とか……遠峰ありさくらいしかしらなかったので、本気でへぇ~ってなりました。うん。よかったです。【レビュー5】一言で言ってしまえば、面白いが読み手を選ぶ本だと思う。自分なりの信長像があって、それを壊されたくない人は読まない方がいいかも知れない。と書きはしたが、本当に面白い。ブロガーにありがちな行動(最初のころはやたらブログ更新したり飽きたら長時間放置したり、コメントにこだわったりなど)の把握や、もちろん信長自身の人物の把握、そしてなにより文章がうまくなくては書けない内容である。内容も、ちょっと舞い上がってるブロガー信長という感じで、やや悪ノリの感はあるがそれが苦痛でなければ楽しめる。写真やブログ広告などもきちんと考えられている。思わぬところで声を出して笑ってしまう可能性もあるので、人前で読むときには注意されたし。武ログ炎上や「天正ワイド劇場」には吹き出してしまった。
武ログ:織田信長の天下布武日記【体験版】 5.0 APK
株式会社「織田家」の社長・織田信長が、会社を日本一の大企業にするために始めた戦略の一つがこの「武ログ」である。この【体験版】では、初めの2回分を読むことができるが、【天・下・布・武】それぞれの章を購入すれば、自分のコメントを武ログに反映させられる、電子書籍ならではのオマケ機能が付いている!一番槍ならぬ1ゲトへの報償は重いぞwww(by 信長)*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*会社の存在を広く知ってもらうためと言いつつも、「飽きたら速攻やめるけどw」「コメントしろよ! 書かぬなら クビにしてしまうからな!」と上から目線で言いたい放題のSっぷりを発揮する信長。そんな信長に仕える社員には、佐久間信盛、前田利家、木下藤吉郎こと後の豊臣秀吉などこれまた戦国時代に名を馳せた武将の名前がズラリ!家臣として、彼らがコメント欄に残すコメントも要チェックだ。*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*第一弾の「天の章」は2011年10月1日リリース!「武の章」まで一週おきにリリースされるから、忘れるでないぞ!(by 信長)*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*信長が今の日本を切って、切って、切りまくる!!!現在進行中のブログも見逃せない!※更新頻度は相変わらずの気まぐれです。http://ameblo.jp/odabrog/気が向いた時はTwitterもやっているぞwww(by 信長)http://twitter.com/oda_kazusa_nobu*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*書籍版『織田信長の天下布武日記 (武ログ壱) 』――Amazonカスタマーレビュー(抜粋)――【レビュー1】期待以上に面白かった。人前で読むと笑ってしまいそうなので、家で一人で読んだが、やはりかなり笑った。史実に沿った話題あり、現代の映画やゲームのネタあり。そしてコメントが秀逸。戦の最中にコメントする信長の部下たち。なぜか敵方までコメントしてくる始末(笑)。当時の歴史をよく知っていると、最高に笑える1冊。【レビュー2】戦国鍋お好きな方にはオススメですぅ。内容は…織田信長がブログ書いたら、こんなんじゃね?という想定の架空ものなんだけど、内容は史実に基づいて書かれててます。また、信長のブログに、家臣たちがコメントつけてるんですがそれも『あー、確かにコノ人なら言いそうだわー!!!』って内容で、かなり笑いました。ブログのはしっこに出てる、オススメ商品なども(よくリンク貼ってあるやつね)あって、芸が細かいです。【レビュー3】家臣やら他の武将やらがいちいちコメントをしているのがとにかくおもしろい。戦国時代が好きでなおかつ詳しい!という方は充分楽しめると思いますよ!そこかしこにちりばめられたネタににやにやさせられます(笑)武将達のコメントも、信長のブログの内容も、すっごく楽しくておすすめです!ちなみに、この本の中では信長は「軍」ではなく「会社」を経営していることになっていて、織田軍も「織田家」という名前の会社であり、信長は「社長」で武将達も「社員」ということになっています。なのでこの本は、『戦国時代にもし武将たちがブログをつけてたら』という設定ではなく、『現代にもし戦国武将たちがいて、ブログをつけてたら』という内容の本だと言えます。【レビュー4】いや、有りだと思います。信長がもしブログを書いていたら、こんなになっていたでしょう。もしくは、一行日記。いや、でも、幅広く興味を持つところなど、まさにオタクらしい。ちょい前アイドル小ネタとか、普通に感心しながら読めますよ。華原朋美の改名遍歴とか……遠峰ありさくらいしかしらなかったので、本気でへぇ~ってなりました。うん。よかったです。【レビュー5】一言で言ってしまえば、面白いが読み手を選ぶ本だと思う。自分なりの信長像があって、それを壊されたくない人は読まない方がいいかも知れない。と書きはしたが、本当に面白い。ブロガーにありがちな行動(最初のころはやたらブログ更新したり飽きたら長時間放置したり、コメントにこだわったりなど)の把握や、もちろん信長自身の人物の把握、そしてなにより文章がうまくなくては書けない内容である。内容も、ちょっと舞い上がってるブロガー信長という感じで、やや悪ノリの感はあるがそれが苦痛でなければ楽しめる。写真やブログ広告などもきちんと考えられている。思わぬところで声を出して笑ってしまう可能性もあるので、人前で読むときには注意されたし。武ログ炎上や「天正ワイド劇場」には吹き出してしまった。
武ログ:織田信長の天下布武日記【布の章】 2.0 APK
【布の章】には天正三年~八年の出来事が満載。長男の信忠に社長の座を譲り渡し、株式会社「織田家」の会長に就任した、織田信長。m●xiの「信長包囲網コミュ」の出現で、敵の数が増えていく……が、相変わらずのマイペースを貫き通している数々の爆笑エピソードに、今すぐコメントを付けて盛り上がろう!天下統一のためのアイデアも募集しているぞwww(by 信長)*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*「日本中を眼下に見られる高層建築」を目指す新しい城は、安土に建設中!にも関わらず、住み始めてしまう信長。数々の裏切りに気付き、1人スナックでグラスを傾けたかと思えば上杉景勝と景虎の争いを角界の某兄弟になぞらえて茶化すなど、どこまでもそのユーモアセンスを忘れない所はさすが。昨日の味方は、今日の敵(?)とばかりに、同盟関係の解消をコメント欄に残していくもの、自分の名前が書かれると敵対関係にもかかわらずコメントを残すもの、誰もが信長の武ログを敵情視察の場として使っているようだが、株式会社「織田家」の営業戦略は大丈夫なのか!?*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*信長が今の日本を切って、切って、切りまくる!!!現在進行中のブログも見逃せない!※更新頻度は相変わらずの気まぐれです。http://ameblo.jp/odabrog/気が向いた時はTwitterもやっているぞwww(by 信長)http://twitter.com/oda_kazusa_nobu*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*書籍版『織田信長の天下布武日記 (武ログ壱) 』――Amazonカスタマーレビュー(抜粋)――【レビュー1】期待以上に面白かった。人前で読むと笑ってしまいそうなので、家で一人で読んだが、やはりかなり笑った。史実に沿った話題あり、現代の映画やゲームのネタあり。そしてコメントが秀逸。戦の最中にコメントする信長の部下たち。なぜか敵方までコメントしてくる始末(笑)。当時の歴史をよく知っていると、最高に笑える1冊。【レビュー2】戦国鍋お好きな方にはオススメですぅ。内容は…織田信長がブログ書いたら、こんなんじゃね?という想定の架空ものなんだけど、内容は史実に基づいて書かれててます。また、信長のブログに、家臣たちがコメントつけてるんですがそれも『あー、確かにコノ人なら言いそうだわー!!!』って内容で、かなり笑いました。ブログのはしっこに出てる、オススメ商品なども(よくリンク貼ってあるやつね)あって、芸が細かいです。【レビュー3】家臣やら他の武将やらがいちいちコメントをしているのがとにかくおもしろい。戦国時代が好きでなおかつ詳しい!という方は充分楽しめると思いますよ!そこかしこにちりばめられたネタににやにやさせられます(笑)武将達のコメントも、信長のブログの内容も、すっごく楽しくておすすめです!ちなみに、この本の中では信長は「軍」ではなく「会社」を経営していることになっていて、織田軍も「織田家」という名前の会社であり、信長は「社長」で武将達も「社員」ということになっています。なのでこの本は、『戦国時代にもし武将たちがブログをつけてたら』という設定ではなく、『現代にもし戦国武将たちがいて、ブログをつけてたら』という内容の本だと言えます。【レビュー4】いや、有りだと思います。信長がもしブログを書いていたら、こんなになっていたでしょう。もしくは、一行日記。いや、でも、幅広く興味を持つところなど、まさにオタクらしい。ちょい前アイドル小ネタとか、普通に感心しながら読めますよ。華原朋美の改名遍歴とか……遠峰ありさくらいしかしらなかったので、本気でへぇ~ってなりました。うん。よかったです。【レビュー5】一言で言ってしまえば、面白いが読み手を選ぶ本だと思う。自分なりの信長像があって、それを壊されたくない人は読まない方がいいかも知れない。と書きはしたが、本当に面白い。ブロガーにありがちな行動(最初のころはやたらブログ更新したり飽きたら長時間放置したり、コメントにこだわったりなど)の把握や、もちろん信長自身の人物の把握、そしてなにより文章がうまくなくては書けない内容である。内容も、ちょっと舞い上がってるブロガー信長という感じで、やや悪ノリの感はあるがそれが苦痛でなければ楽しめる。写真やブログ広告などもきちんと考えられている。思わぬところで声を出して笑ってしまう可能性もあるので、人前で読むときには注意されたし。武ログ炎上や「天正ワイド劇場」には吹き出してしまった。
武ログ:織田信長の天下布武日記【天の章】 2.0 APK
Discus Co., Ltd.
【天の章】では永禄三年~十一年の史実に沿ったエピソードを紹介。 言いたい放題の信長のブログに自分のコメントを反映させよう!信長様から家臣に認定されること間違い無しだ! 織田家の重役ポストが欲しければコメントしろよ!Twitterアカウントを持たない奴は切腹だなwww (by 信長)*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*株式会社「織田家」の存在を広く知ってもらうために 信長が始めたこの武ログ。とは言え、 「飽きたら速攻やめるけどw」「コメントしろよ! 書かぬなら クビにしてしまうからな!」 と上から目線で言いたい放題のSっぷりを発揮。 そんな信長に仕える社員には、佐久間信盛、前田利家、木下藤吉郎こと後の豊臣秀吉など これまた戦国時代に名を馳せた武将の名前がズラリ!家臣として、彼らがコメント欄に残すコメントも要チェックだ。*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*信長が今の日本を切って、切って、切りまくる!!! 現在進行中のブログも見逃せない! ※更新頻度は相変わらずの気まぐれです。http://ameblo.jp/odabrog/ 気が向いた時はTwitterもやっているぞwww(by 信長)http://twitter.com/oda_kazusa_nobu*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~* 書籍版『織田信長の天下布武日記 (武ログ壱)』 ――Amazonカスタマーレビュー(抜粋)―― 【レビュー1】 期待以上に面白かった。人前で読むと笑ってしまいそうなので、家で一人で読んだが、やはりかなり笑った。史実に沿った話題あり、 現代の映画やゲームのネタあり。そしてコメントが秀逸。戦の最中にコメントする信長の部下たち。なぜか敵方までコメントしてくる 始末(笑)。当時の歴史をよく知っていると、最高に笑える1冊。【レビュー2】 戦国鍋お好きな方にはオススメですぅ。 内容は…織田信長がブログ書いたら、こんなんじゃね?という想定の架空ものなんだけど、 内容は史実に基づいて書かれててます。 また、信長のブログに、家臣たちがコメントつけてるんですがそれも『あー、確かにコノ人なら言いそうだわー!!!』 って内容で、かなり笑いました。 ブログのはしっこに出てる、オススメ商品なども(よくリンク貼ってあるやつね)あって、 芸が細かいです。 【レビュー3】 家臣やら他の武将やらがいちいちコメントをしているのがとにかくおもしろい。戦国時代が好きでなおかつ詳しい! という方は充分楽しめると思いますよ!そこかしこにちりばめられたネタににやにやさせられます(笑) 武将達のコメントも、信長のブログの内容も、すっごく楽しくておすすめです!ちなみに、この本の中では信長は「軍」ではなく「会社」を 経営していることになっていて、織田軍も「織田家」という名前の会社であり、信長は「社長」で武将達も「社員」ということになって います。なのでこの本は、『戦国時代にもし武将たちがブログをつけてたら』という設定ではなく、『現代にもし戦国武将たちが いて、ブログをつけてたら』という内容の本だと言えます。 【レビュー4】いや、有りだと思います。 信長がもしブログを書いていたら、 こんなになっていたでしょう。 もしくは、 一行日記。 いや、でも、幅広く興味を持つところなど、 まさにオタクらしい。 ちょい前アイドル小ネタとか、 普通に感心しながら読めますよ。華原朋美の改名遍歴とか……遠峰ありさくらいしかしらなかった ので、本気でへぇ~ってなりました。うん。 よかったです。 【レビュー5】一言で言ってしまえば、面白いが読み手を選ぶ本だと思う。 自分なりの信長像があって、それを壊されたくない人は読まない方がいいかも知れない。 と書きはしたが、本当に面白い。 ブロガーにありがちな行動(最初のころはやたらブログ更新したり飽きたら長時間放置したり、コメントにこだわったりなど)の 把握や、もちろん信長自身の人物の把握、そしてなにより文章がうまくなくては書けない内容である。 内容も、ちょっと舞い上がってるブロガー信長という感じで、やや悪ノリの感はあるがそれが苦痛でなければ楽しめる。 写真やブログ広告などもきちんと考えられている。思わぬところで声を出して笑ってしまう可能性もあるので、 人前で読むときには注意されたし。武ログ炎上や「天正ワイド劇場」には吹き出してしまった。
イケメン恋星水滸伝【無料恋愛ゲーム】 1.5.2 APK
恋か、それとも仇か――。大ヒット携帯乙女ゲーム【一〇八恋星☆水滸伝】が大幅リニューアル!小説のようなドラマチックな恋が楽しめる乙女向け恋愛ゲーム『恋星水滸伝』となってアプリで登場!!シナリオの一部改変、スチルの大幅追加で、グレードアップしました♪新キャラ追加、アナザーストーリーも続々追加予定!腐敗した国政から民を救うという高潔な志を持つ漢たち。そんな彼らとあなたを結びつける「星」の力によって時に甘く、時に切ないい恋が始まる――。 出逢うはずのなかった二人の運命の行方は?【遊び方】 乙女ゲーム初心者でも安心!ダウンロードは無料、ゲームも基本無料で進められます!イケメンとの恋が楽しみたい女性にピッタリ!水滸伝や三国志など中国の歴史小説が好きなアナタも楽しめます! 【あらすじ】行きつけの図書館で一冊の本を手にしたあなた。突然その本が光を放ち、次に気がついた時あなたがいたのは湖の中の巨大な山塞「梁山泊」だった。 腐敗した国の政治に苦しむ人々を救うため梁山泊に集った108人の逞しい好漢(イケメン)たち。元の世界に戻れるその日が来るまで、 あなたは彼らと共に暮らすことになる。爽やかな笑顔で女性を虜にする騎兵軍の大将、狙った女は必ず落とす俺様水軍頭領、 女性を研究対象とみなすうぶなツンデレ軍師などなれない環境で、彼らに振り回されるうち互いの心に芽生えてきたのは……。 【キャラクター紹介】 ◆元エリート官軍の騎士◆豹子頭 林冲(りんちゅう)弾ける笑顔と明るく爽やかな性格に、誰からも好かれる正統派イケメン。料理が得意で、みんなをもてなすのが好きな面倒見のいいタイプ。過去の経験から恋はしないと言い切るが……。 ◆女好きの俺様水軍頭領◆混江竜 李俊(りしゅん)命知らずの行動で荒くれ者の水軍からも尊敬の厚い親分タイプ。女性が放っておかない色気の持ち主で、来る女性を拒むことは無い。主人公に対しても俺様全開で迫ってくるものの……。◆予測と計画が命の軍師◆ 智多星 呉用(ごよう)政治・軍事の全てを把握し操る、梁山泊の頭脳とも言うべき存在。常に冷静沈着でふざけたことが嫌いだが、子供には好かれている。女性が大の苦手で、触れるだけで赤面してしまうほど。◆武芸一筋の不器用剣士◆ 九紋竜 史進(ししん)常に武術の稽古にいそしむ、強くなることに異常なこだわりを見せる。他人の心の機微に敏感で辛いときにそばに居てくれる同級生タイプ。ただし女心には疎く、恋愛においては超初心者レベル。◆個性豊かな好漢をまとめる常識派◆ 短命二郎 阮小五(げんしょうご)幼い見た目に似合わず、しっかり者の頼れる男の子。水軍の一翼を担う頭領で、勝手に振舞うことの多い李俊の補佐役も務める。女性に対しては誠実で、一途に愛を貫くタイプ。◆相手の弱みに付け込む情報屋◆ 神行太保 戴宗(たいそう)人の本性を読み取るのが得意で、痛いところをついて楽しむドS。神行法と呼ばれる妖術を使い、あらゆる情報を集めるのが仕事。大人の魅力で落とした女は数知れず。ただし、主人公のことは子猫扱い?◆元気が取り得の近衛兵◆ 小温侯 呂方(りょほう)鉄壁の守りを誇る司令部直属の近衛兵。身長の話題に敏感な、阮小五をからかうのが好きな子供っぽい一面も。好きになったら言わずにはいられない、まっすぐな性格。◆無邪気な殺人兵器!?◆ 黒旋風 李逵(りき)全ての物事を自分の好き嫌いで判断する単細胞の大型わんこ系。二挺の手斧を振り回し、暴走したら誰にも止められないほどの力持ち。女性には弱く、言われたら言い返せないほど従順に。◆温和な梁山泊頭領◆ 及時雨 宋江(そうこう)弱い者、困っている者を助けずにはいられない優しい人格者。多くを語らず、何を考えているのか分からない部分も……。時折見せる鋭いまなざしで、並み居る漢たちを黙らせることもできる。※基本プレイ無料。一部特別なシナリオ、アバターをお楽しみ頂く場合は有料となります。
戀星水滸傳(經典戀愛約會換裝養成遊戲) 1.5.2 APK
愛戀还是復仇?!―在這款戀愛游戲裡,你可以真真切切地體驗到小說里才會出現的充滿傳奇和浪漫色彩的愛恨情仇!為了拯救在腐敗的政府統治下的國家,一群仁人志士揭竿而起。你會在神秘的“戀星”的力量之下與他們相遇。你將會在那裡邂逅前所未有的他,與他一起墜入愛河。有時候是如此的甜蜜,有時候卻又是那麼的痛苦…最終的結局會是怎麼樣呢? ◆免費下載,無需付費即可享受該遊戲(應用內的付費道具可以讓你快速順利地玩遊戲)◆推薦給女性,那些想要與帥哥一起戀愛的玩家◆推薦給女性,那些喜歡閱讀言情小說或者漫畫/日本漫畫的玩家◆推薦給女性,那些喜歡閱讀水滸傳、三國志等其他中國歷史故事的玩家 【故事】一天,你在圖書館發現了一本書。突然間,這本書中閃現出一道光芒,然後,你發現你置身於梁山――湖泊中央的一座大城池。108位好漢聚集在梁山,立志推翻腐敗的王朝,救國家與人民于水火之中。周圍的一切都是陌生的,一開始,你有點格格不入,但是後來,你卻不知不知覺地愛上了他…【人物】 ◆不隱藏獨佔慾的菁英貴公子◆豹子頭 林沖 擁有迷人的微笑,英俊的臉龐,他就是這樣一個人見人愛的公子。廚藝高超,喜愛宴請賓客好友。但是,他卻有一個神秘的過去,據說,他不會再愛上任何人了。 ◆強勢中帶點溫柔…◆混江竜 李俊他英勇善戰,身為水軍首領的他,深受手下的敬重。他對於女人也很有吸引力,從來不會拒絕任何一個想要接近他的女人。他一開始接近你,但是後來… ◆當笨拙的策士敞開心扉時…◆ 智多星 吳用他是梁山的軍師,掌管著法律和軍事事務。總是沉著冷靜,討厭開玩笑,但孩子們很是喜歡他。他的弱點是女人,只要一與女人有點碰觸或說話,他都會臉紅。 ◆專注武藝的腹黑劍士◆九紋龍 史進 勤於練習武術,異常地執著於要「變強」。對於他人的心情變化相當敏感,在你痛苦的時候會化身為暖男陪在你身邊,給予你力量。但不了解女人心,戀愛的超級初學者。【游戏特色】◆原汁原味的故事:故事內容基於“水滸傳”,玩家可以享受來自“梁山”的英雄的戀愛體驗,與人物們建立友好關係。◆換裝:玩家可以給自己換裝,也可以給遊戲中的人物換裝。◆獎勵:玩家每天免費獲贈獎品,并贏得更多的獎勵。◆任務:玩家需要完成兩種任務:換裝任務和氣質任務。
Loading...