1.0.3 / October 21, 2018
(4.5/5) (Learn More</a></div>)
Loading...

Description

大好評の「消費税法無敵の一問一答」の姉妹アプリとしてリリースされた、重要度の高い基本論点を厳選して詰め込んだ入門用アプリです。消費税の勉強を始めたばかりの方や会社の経理担当者、FP技能士試験2級・1級、公認会計士試験の学習をされている方におススメです!なお、本アプリは平成31年度(2019年度)の各種試験の出題内容に対応しています。-----------------------------------------------------------------------------本アプリは、様々な取引についての消費税法上の取り扱いの判断能力を鍛える一問一答形式の問題集アプリです。下記のような隙間時間を利用してクイズゲームを解くような感覚で気軽かつ効率的に学習できます。 ①通勤・通学中の移動時間  ② 会社や学校の休み時間  ③ 就寝時に横になりながら勉強がしたいとき ④自習室が混雑していて勉強机を確保できなかったとき  ⑤ 夜遅くに帰宅して勉強したいけど疲れていてテキスト等を出すのが面倒なとき ⑥人気ラーメン屋の行列に並んで待っているとき  ⑦待ち時間の長い赤信号にひっかかったとき  など消費税率の引き上げに伴い、消費税の課税事業者による適正な税額計算の重要度は一層増しています。消費税の税額計算をする上では、様々な取引について消費税は不課税・非課税・免税・課税のいずれに該当するのかを正確に判断し区分することが最も大切となります。また、95%ルール改正により、課税売上高が5億円以下の課税事業者でも課税仕入れの取引を課税売上対応・非課税売上対応・共通対応とに区分して経理する必要性が出てきました。このアプリでは、上記の4つの取引分類及び課税仕入れの対応の区分を課否判定一覧から検索したり、問題を解いて効率的にトレーニングすることができます。このアプリの問題を繰り返し解くことによって、消費税の税務処理能力を鍛えましょう。【アプリの特徴】①収録問題数全400問②問題のタイプは収入・収益項目、支出・費用項目及び納税義務等の判定の3種類③必須レベル・基礎レベル・応用レベルの3段階に難易度が分けられているため、習熟度に合わせた学習が可能 必須レベル・・・課税の対象の4要件や取引分類の考え方の土台となる問題(61問) 基礎レベル・・・確実に押さえておきたい消費税の体系的な理解を問う問題(184問) 応用レベル・・・できれば押さえておきたい消費税のやや専門的な知識を問う問題(155問)④チェックマーク機能を使って苦手論点を克服できる(※)⑤隙間時間を利用してクイズゲームを解くような感覚で気軽かつ効率的に学習できる⑥答が「課税売上げ」になるものは、簡易課税を選択していた場合第何種事業に該当するかが解説に記載されています(※)⑦答が「非課税売上げ」になるものは、課税売上割合の計算上分子及び分母にいくら算入するのかが解説に記載されています(※)⑧一部の問題は[ヒント]が記載されています(ヒントを見ずに解くこともできます)⑨最新の税制に対応【アプリの内容】①徐々に難しくなる30問の問題に挑む「無敵モード」②問題の難易度・チェックマークの数を選択して、選択した範囲の問題を繰り返し解き苦手論点を克服できる「練習モード」(※)③全400問の問題文・解答・解説を一覧できる「課否判定一覧」(※)(※)本アプリはLITE版となっており、無敵モードのみご利用できます。アプリ内でPRO版にアップデートすることで、解説文・問題文の表示・チェックマーク機能・無敵モード・課否判定一覧が使えるようになります。機能アップデート価格は予告なく変更される場合があります。【こんな方にオススメ】・税理士試験(消費税法)の勉強を始めたばかりの方・公認会計士試験(租税法)の勉強を始めたばかりの方・FP技能士試験1級・2級、AFP・CFPの合格を目指している方・消費税法能力検定試験の合格を目指している方・中小企業や個人事業者の経理実務に携わっている方 ・消費税法に興味のある方【問題を解くにあたって】本アプリの問題は、ホーム画面の「アプリの使い方」に記載しておりますように、税理士試験等と同様の出題条件として「適用される方法が複数ある場合には、当期の納付税額が最も少なくなる方法を選択すること」という前提条件に基づいて正解を用意しています。したがって、ある取引について原則規定よりも例外規定(~出来る規定)を採用したほうが当期の税額計算上有利になる場合は、例外規定による処理を正解としています。ホーム画面の「アプリの使い方」に記載されている前提条件を踏まえたうえで問題を解いていただきますようよろしくお願いいたします。【アプリ制作者プロフィール】税理士 川上悠季 (日本税理士会連合会 登録番号第136824号)平成27年に税理士試験官報合格(簿記論・財務諸表論・消費税法・法人税法・事業税の5科目)税理士試験消費税法の受験勉強に専念していたときに自習用に作成した取引分類の暗記カードから着想を得て、スマートホンアプリ「消費税法無敵の一問一答」を開発。現在は税理士業務のほか、大手資格学校の消費税法の教材制作や税務会計関連書籍の執筆、ウェブコンテンツの制作など幅広く手掛けている。消費税法一問一答アプリ公式HP:https://shouhizei-quiz.com/アプリ紹介ページ:https://shouhizei-quiz.com/?lp=lp書籍販売ページ:https://shouhizei-quiz.com/?lp=bookstore

App Information 消費税法 基本の一問一答

  • App Name
    消費税法 基本の一問一答
  • Package Name
    jp.kawakami.kihontaxquiz
  • Updated
    October 21, 2018
  • File Size
    35M
  • Requires Android
    Android 4.1 and up
  • Version
    1.0.3
  • Developer
    Yuki Kawakami
  • Installs
    10+
  • Price
    Free
  • Category
    Education
  • Developer
    愛知県名古屋市天白区表山三丁目142番地
  • Google Play Link

Yuki Kawakami Show More...

消費税法 無敵の一問一答 13 APK
Yuki Kawakami
税理士試験・公認会計士試験・消費税法能力検定など各試験の平成30年度(2018年度)本試験の出題内容に対応しています。基礎的な内容から判例や通達まで広く深く網羅した良問が1問あたり約3円!隙間時間を活用した効率的な学習に是非「消費税法無敵の一問一答」をご活用ください!-----------------------------------------------------------------------------本アプリは、様々な取引についての消費税法上の取り扱いの判断能力を鍛える一問一答形式の問題集アプリです。下記のような隙間時間を利用してクイズゲームを解くような感覚で気軽かつ効率的に学習できます。 ①通勤・通学中の移動時間 ② 会社や学校の休み時間 ③ 就寝時に横になりながら勉強がしたいとき ④自習室が混雑していて勉強机を確保できなかったとき ⑤ 夜遅くに帰宅して勉強したいけど疲れていてテキスト等を出すのが面倒なとき ⑥人気ラーメン屋の行列に並んで待っているとき ⑦待ち時間の長い赤信号にひっかかったとき  など消費税率の引き上げに伴い、消費税の課税事業者による適正な税額計算の重要度は一層増しています。消費税の税額計算をする上では、様々な取引について消費税は不課税・非課税・免税・課税のいずれに該当するのかを正確に判断し区分することが最も大切となります。また、95%ルール改正により、課税売上高が5億円以下の課税事業者でも課税仕入れの取引を課税売上対応・非課税売上対応・共通対応とに区分して経理する必要性が出てきました。このアプリでは、上記の4つの取引分類及び課税仕入れの対応の区分を課否判定一覧から検索したり、問題を解いて効率的にトレーニングすることができます。このアプリの問題を繰り返し解くことによって、消費税の税務処理能力を鍛えましょう。【アプリの特徴】①収録問題数全1,080問という圧倒的ボリューム②問題のタイプは収入・収益項目と支出・費用項目の2種類③基礎レベル・応用レベル・発展レベル・研究レベルの4段階に難易度が分けられているため、習熟度に合わせた学習が可能 基礎レベル・・・重要度の高い基本的な判断能力を要する問題(399問) 応用レベル・・・基礎を踏まえた上での応用的な判断能力を要する問題(368問) 発展レベル・・・複雑な取引に対処する能力や判例・通達等の専門的知識を要する問題(244問) 研究レベル・・・消費税の研究を深める高度な内容の問題(69問)④チェックマーク機能を使って苦手論点を克服できる(※)⑤隙間時間を利用してクイズゲームを解くような感覚で気軽かつ効率的に学習できる⑥答が「課税売上げ」になるものは、簡易課税を選択していた場合第何種事業に該当するかが解説に記載されています(※)⑦答が「非課税売上げ」になるものは、課税売上割合の計算上分子及び分母にいくら算入するのかが解説に記載されています(※)⑧一部の問題は[ヒント]が記載されています(ヒントを見ずに解くこともできます)⑨最新の税制に対応【アプリの内容】①徐々に難しくなる30問の問題に挑む「無敵モード」②問題の難易度・チェックマークの数を選択して、選択した範囲の問題を繰り返し解き苦手論点を克服できる「練習モード」(※)③全1,080問の問題文・解答・解説を一覧できる「課否判定一覧」(※)(※)本アプリはLITE版となっており、無敵モードのみご利用できます。アプリ内でPRO版にアップデートすることで、解説文・問題文の表示・チェックマーク機能・無敵モード・課否判定一覧が使えるようになります。機能アップデート価格は予告なく変更される場合があります。【こんな方にオススメ】・消費税に興味がある方・税理士試験消費税法受験者・公認会計士試験受験者・消費税能力検定試験受験者・法人企業や個人事業者の経理担当者・職業会計人として実務に携わる実務家・租税に関する研究者【問題を解くにあたって】本アプリの問題は、ホーム画面の「アプリの使い方」に記載しておりますように、税理士試験等と同様の出題条件として「適用される方法が複数ある場合には、当期の納付税額が最も少なくなる方法を選択すること」という前提条件に基づいて正解を用意しています。したがって、ある取引について原則規定よりも例外規定(~出来る規定)を採用したほうが当期の税額計算上有利になる場合は、例外規定による処理を正解としています。ホーム画面の「アプリの使い方」に記載されている前提条件を踏まえたうえで問題を解いていただきますようよろしくお願いいたします。【アプリ制作者プロフィール】 税理士 川上悠季 (日本税理士会連合会登録番号第136824号) 平成27年に税理士試験官報合格(簿記論・財務諸表論・消費税法・法人税法・事業税の5科目) 消費税法の受験勉強に専念していたときに自習用に作成した取引分類や課税仕入れの区分を覚えるための単語帳からひらめきを得て「消費税法無敵の一問一答」を開発 現在は税理士業務のほか、資格予備校の講師、会計・税務関連書籍の執筆、クリエイター向けウェブサイトの運営など幅広く手掛けている
消費税法 基本の一問一答 1.0.3 APK
Yuki Kawakami
大好評の「消費税法無敵の一問一答」の姉妹アプリとしてリリースされた、重要度の高い基本論点を厳選して詰め込んだ入門用アプリです。消費税の勉強を始めたばかりの方や会社の経理担当者、FP技能士試験2級・1級、公認会計士試験の学習をされている方におススメです!なお、本アプリは平成31年度(2019年度)の各種試験の出題内容に対応しています。-----------------------------------------------------------------------------本アプリは、様々な取引についての消費税法上の取り扱いの判断能力を鍛える一問一答形式の問題集アプリです。下記のような隙間時間を利用してクイズゲームを解くような感覚で気軽かつ効率的に学習できます。 ①通勤・通学中の移動時間  ② 会社や学校の休み時間  ③ 就寝時に横になりながら勉強がしたいとき ④自習室が混雑していて勉強机を確保できなかったとき  ⑤ 夜遅くに帰宅して勉強したいけど疲れていてテキスト等を出すのが面倒なとき ⑥人気ラーメン屋の行列に並んで待っているとき  ⑦待ち時間の長い赤信号にひっかかったとき  など消費税率の引き上げに伴い、消費税の課税事業者による適正な税額計算の重要度は一層増しています。消費税の税額計算をする上では、様々な取引について消費税は不課税・非課税・免税・課税のいずれに該当するのかを正確に判断し区分することが最も大切となります。また、95%ルール改正により、課税売上高が5億円以下の課税事業者でも課税仕入れの取引を課税売上対応・非課税売上対応・共通対応とに区分して経理する必要性が出てきました。このアプリでは、上記の4つの取引分類及び課税仕入れの対応の区分を課否判定一覧から検索したり、問題を解いて効率的にトレーニングすることができます。このアプリの問題を繰り返し解くことによって、消費税の税務処理能力を鍛えましょう。【アプリの特徴】①収録問題数全400問②問題のタイプは収入・収益項目、支出・費用項目及び納税義務等の判定の3種類③必須レベル・基礎レベル・応用レベルの3段階に難易度が分けられているため、習熟度に合わせた学習が可能 必須レベル・・・課税の対象の4要件や取引分類の考え方の土台となる問題(61問) 基礎レベル・・・確実に押さえておきたい消費税の体系的な理解を問う問題(184問) 応用レベル・・・できれば押さえておきたい消費税のやや専門的な知識を問う問題(155問)④チェックマーク機能を使って苦手論点を克服できる(※)⑤隙間時間を利用してクイズゲームを解くような感覚で気軽かつ効率的に学習できる⑥答が「課税売上げ」になるものは、簡易課税を選択していた場合第何種事業に該当するかが解説に記載されています(※)⑦答が「非課税売上げ」になるものは、課税売上割合の計算上分子及び分母にいくら算入するのかが解説に記載されています(※)⑧一部の問題は[ヒント]が記載されています(ヒントを見ずに解くこともできます)⑨最新の税制に対応【アプリの内容】①徐々に難しくなる30問の問題に挑む「無敵モード」②問題の難易度・チェックマークの数を選択して、選択した範囲の問題を繰り返し解き苦手論点を克服できる「練習モード」(※)③全400問の問題文・解答・解説を一覧できる「課否判定一覧」(※)(※)本アプリはLITE版となっており、無敵モードのみご利用できます。アプリ内でPRO版にアップデートすることで、解説文・問題文の表示・チェックマーク機能・無敵モード・課否判定一覧が使えるようになります。機能アップデート価格は予告なく変更される場合があります。【こんな方にオススメ】・税理士試験(消費税法)の勉強を始めたばかりの方・公認会計士試験(租税法)の勉強を始めたばかりの方・FP技能士試験1級・2級、AFP・CFPの合格を目指している方・消費税法能力検定試験の合格を目指している方・中小企業や個人事業者の経理実務に携わっている方 ・消費税法に興味のある方【問題を解くにあたって】本アプリの問題は、ホーム画面の「アプリの使い方」に記載しておりますように、税理士試験等と同様の出題条件として「適用される方法が複数ある場合には、当期の納付税額が最も少なくなる方法を選択すること」という前提条件に基づいて正解を用意しています。したがって、ある取引について原則規定よりも例外規定(~出来る規定)を採用したほうが当期の税額計算上有利になる場合は、例外規定による処理を正解としています。ホーム画面の「アプリの使い方」に記載されている前提条件を踏まえたうえで問題を解いていただきますようよろしくお願いいたします。【アプリ制作者プロフィール】税理士 川上悠季 (日本税理士会連合会 登録番号第136824号)平成27年に税理士試験官報合格(簿記論・財務諸表論・消費税法・法人税法・事業税の5科目)税理士試験消費税法の受験勉強に専念していたときに自習用に作成した取引分類の暗記カードから着想を得て、スマートホンアプリ「消費税法無敵の一問一答」を開発。現在は税理士業務のほか、大手資格学校の消費税法の教材制作や税務会計関連書籍の執筆、ウェブコンテンツの制作など幅広く手掛けている。消費税法一問一答アプリ公式HP:https://shouhizei-quiz.com/アプリ紹介ページ:https://shouhizei-quiz.com/?lp=lp書籍販売ページ:https://shouhizei-quiz.com/?lp=bookstore
Loading...