20150812 / August 23, 2015
(4.8/5) (171)
Loading...

Description

「演劇少女は古都鎌倉を雪で潰す」は、四百センチメートルの雪で鎌倉市を雪没させてしまった演劇部の物語です。 元々は同人ゲームとして有料販売していましたが、無料アプリとして公開する事としました。読了まで2~3時間程度です。  ■容量について 合計120MBとなるため、WiFi環境下でのダウンロードをおススメします。 (データダウンロードはアプリ起動時に行います) ■大体こんなイメージです(頂いた感想等) 『超能力モノかと思ったら、青春ド直球モノだった』 『可愛い女の子が出てくるけど、萌え萌えしてない。燃え燃えはしていた』 『雪まみれの話だったはずなのに、同人ゲームオブザイヤー2010で「熱」部門を受賞していた』 ■あらすじ(簡略) 「好きな人の傍にいると雪が降る」という奇跡を止めるべく、能力者である明峰穂波は彼女のいる演劇部へ潜入入部したのだが、周囲の演劇馬鹿達の熱にやられ、気づけば発声練習に勤しむのであった。 けれども、その合間も少しずつ、確実に、鎌倉市は雪に沈んでいく…。 ■あらすじ 高校三年の夏、最後の舞台。台詞を忘れた3秒の空白。 地味で眼鏡な女子高生こと鈴掛奈夏(すずかけななつ)は、それらを抱えたままに卒業しようとしていた。 けれども、十二月。大学入試を早期に終えた彼女へ、冬大会へのオファーがかかる。 諦めていたリテイクを、悩みながらも奈夏は承諾する。  『――ゆっくりと、諦めていこう。  次の無い、最高の仲間と、最高の時間を。叶わない、淡い恋心を。今度は、心に灰を残さぬように。』  高校時代の全てを終わらせる。 その決意は、「好きな人の傍に居ると、世界に雪が降る」という、迷惑な能力を発現させる。 けれども、その当人は何も気づかずに演劇に没頭していた。 鎌倉市は、少しずつ雪に沈められていく。   「その子の恋を、終わらせて下さい」 奇跡を止めるべく、明峰穂波(あけみねほなみ)は演劇部へ入部を敢行する。全ては雪を止めるため、恋心を、終わらせるために。  けれども。当人は想い人以上に演劇ばかりを見つめていて。そして、演劇部の皆は穂波の知らない暖かさで両手を広げていて、演技は思った以上に楽しくて。悪態をつきつつも、台本を握り、発声練習をし続けていた。  『今……今だけかもしれないけど、すごく、いいことって、思える気がする。こんな……こんな光の下で、皆と同じ物を見るのって、すごくいい事なんじゃないかなぁって……』  少しずつ、雪は降り続ける。 鎌倉市が400センチメートルの雪で潰れる時、彼女は何を選ぶのか。 ……そんな、雪と演劇の物語です。 ■操作方法 ・画面タッチで次のセリフ ・バックキーでセーブ&ロード ・メニューキーで各種メニュー表示 ■他アプリについて もし、本作品が気に入りましたら、㈱テンクロス様より展開されている以下のアプリもご一緒にどうぞ。 本アプリ作者がシナリオ/原作を担当しております。 ・ほしのの。 ・ごがつのそら。 ・のまひゅ ■謝辞 本アプリはONScripterにて生成しております。ありがとうございます。

App Information 演劇少女は古都鎌倉を雪で潰す【無料ノベルゲーム】

  • App Name
    演劇少女は古都鎌倉を雪で潰す【無料ノベルゲーム】
  • Package Name
    jp.mukiryoku
  • Updated
    August 23, 2015
  • File Size
    1.1M
  • Requires Android
    Android 1.6 and up
  • Version
    20150812
  • Developer
    Mayuki Yoshimura
  • Installs
    5,000+
  • Price
    Free
  • Category
    Adventure
  • Developer
  • Google Play Link

Mayuki Yoshimura Show More...

演劇少女は古都鎌倉を雪で潰す【無料ノベルゲーム】 20150812 APK
「演劇少女は古都鎌倉を雪で潰す」は、四百センチメートルの雪で鎌倉市を雪没させてしまった演劇部の物語です。 元々は同人ゲームとして有料販売していましたが、無料アプリとして公開する事としました。読了まで2~3時間程度です。  ■容量について 合計120MBとなるため、WiFi環境下でのダウンロードをおススメします。 (データダウンロードはアプリ起動時に行います) ■大体こんなイメージです(頂いた感想等) 『超能力モノかと思ったら、青春ド直球モノだった』 『可愛い女の子が出てくるけど、萌え萌えしてない。燃え燃えはしていた』 『雪まみれの話だったはずなのに、同人ゲームオブザイヤー2010で「熱」部門を受賞していた』 ■あらすじ(簡略) 「好きな人の傍にいると雪が降る」という奇跡を止めるべく、能力者である明峰穂波は彼女のいる演劇部へ潜入入部したのだが、周囲の演劇馬鹿達の熱にやられ、気づけば発声練習に勤しむのであった。 けれども、その合間も少しずつ、確実に、鎌倉市は雪に沈んでいく…。 ■あらすじ 高校三年の夏、最後の舞台。台詞を忘れた3秒の空白。 地味で眼鏡な女子高生こと鈴掛奈夏(すずかけななつ)は、それらを抱えたままに卒業しようとしていた。 けれども、十二月。大学入試を早期に終えた彼女へ、冬大会へのオファーがかかる。 諦めていたリテイクを、悩みながらも奈夏は承諾する。  『――ゆっくりと、諦めていこう。  次の無い、最高の仲間と、最高の時間を。叶わない、淡い恋心を。今度は、心に灰を残さぬように。』  高校時代の全てを終わらせる。 その決意は、「好きな人の傍に居ると、世界に雪が降る」という、迷惑な能力を発現させる。 けれども、その当人は何も気づかずに演劇に没頭していた。 鎌倉市は、少しずつ雪に沈められていく。   「その子の恋を、終わらせて下さい」 奇跡を止めるべく、明峰穂波(あけみねほなみ)は演劇部へ入部を敢行する。全ては雪を止めるため、恋心を、終わらせるために。  けれども。当人は想い人以上に演劇ばかりを見つめていて。そして、演劇部の皆は穂波の知らない暖かさで両手を広げていて、演技は思った以上に楽しくて。悪態をつきつつも、台本を握り、発声練習をし続けていた。  『今……今だけかもしれないけど、すごく、いいことって、思える気がする。こんな……こんな光の下で、皆と同じ物を見るのって、すごくいい事なんじゃないかなぁって……』  少しずつ、雪は降り続ける。 鎌倉市が400センチメートルの雪で潰れる時、彼女は何を選ぶのか。 ……そんな、雪と演劇の物語です。 ■操作方法 ・画面タッチで次のセリフ ・バックキーでセーブ&ロード ・メニューキーで各種メニュー表示 ■他アプリについて もし、本作品が気に入りましたら、㈱テンクロス様より展開されている以下のアプリもご一緒にどうぞ。 本アプリ作者がシナリオ/原作を担当しております。 ・ほしのの。 ・ごがつのそら。 ・のまひゅ ■謝辞 本アプリはONScripterにて生成しております。ありがとうございます。
Loading...